読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個人的不定期雑感はてな

本サイトとは別に、任天堂ゲームやテレビ番組について徒然と。

8年ぶりの安楽椅子探偵 ON STAGE

安楽椅子探偵ON STAGE | 朝日放送 懸賞金付きミステリードラマ『安楽椅子探偵』シリーズの新作が、8年ぶりに放映! いやあ、この時を待っていました。今回のタイトルは『安楽椅子探偵 ON STAGE』。 1月5日(木)深夜に<問題編>が放送され、犯人と推理…

真田丸、その「勇猛」

大河ドラマ『真田丸』が終わってしまった。1年間、熱心に観てきたので最終回も万感込めて観ていましたよ。 …と言いたいところなのですが、世間が騒ぐほどには、いわゆる“真田丸ロス”にはならず戸惑ってるところです。なんというか、見たかった最終回とは少し…

真田丸への「船出」

数年先の大河ドラマの話もいいけど、今年の大河ドラマの話も。この1年間、『真田丸』にハマッてます。 脚本は三谷幸喜。『新選組!』以来、12年ぶりの大河ドラマ執筆とあって、自分がハマるのは必定って感じですが、このブログには書いてこなかったので、ち…

「宮藤官九郎×大河ドラマ」の興奮

ついに来た!宮藤官九郎による大河ドラマ、決定です。 2019年の大河ドラマは「オリンピック×宮藤官九郎」! | 大河ドラマ | NHKドラマ 宮藤官九郎に、いつか大河ドラマの脚本を書いてほしい! 漠然とそういう期待はずっと持っていました。 NHKドラマの通例か…

Hulu加入の恩恵『幻夜』

Huluで、ドラマ『幻夜』を観ました。きっかけはHuluオリジナルドラマ『デスノート NEW GENERATION』目当てで、Huluに加入したこと。映画を観る前に、その前日譚が描かれたドラマを観ておこうと、1ヶ月トライアルを活用しました。 で、どうせ加入したのなら『…

夜神月の末路…『デスノート』第11話(最終回)

ドラマ『デスノート』ついに最終回です。窪田正孝演じる夜神月の末路。 ただただ圧巻。デスノートに翻弄された男の哀れさ無様さ、すべて出ていたと思います。 前評判は良くなかったけど、すべてを覆したドラマ版、最高でした。炎のなかで息絶える…という死に…

総一郎に手向けた嘘…『デスノート』第10話

親子劇として見るデスノート、ここに極まる─。ドラマ『デスノート』第10話です。いや正直、すごかった。 ドラマ版は序盤から、この親子関係に焦点を当てて描かれてきましたけど、ここに至ってこんな帰結を見るとは思いませんでした。 完全に原作漫画とも映画…

秘めたるニアの確信…『デスノート』第9話

ドラマ版『デスノート』新章開幕を謳う第9話です。「ノートは偽物、手を下したのは魅上照」というのは予想通りでしたが… 今週始まって、こんなすぐにL(山崎賢人)との決着がついてしまうぐらいなら、思わせぶりなことせずに前回できっちり終わって欲しかった…

魅上照の削除…『デスノート』第8話

ドラマ版『デスノート』第8話。 序盤から登場し、ドラマ版ではどう関わってくるのだろう…と思っていた魅上照(忍成修吾)。いよいよ始動。それがまさか、ミサ(佐野ひなこ)が掘り起こしたノートの強奪だなんて…笑。しかもコレ、ミサが核心部分を話さなかったか…

計画通りの誤算…『デスノート』第7話

ドラマ版『デスノート』第7話。 先週の予告通り、ヨツバキラ編を端的かつスピーディーに展開。ノート奪還までが一気に描かれました。大きな見せ場で期待も大きかっただけに。申し訳ない、細かいことだけどどうしても言いたい!「計画通り」は、ノートを手に…

監禁ライトの賭…『デスノート』第6話

ドラマ版『デスノート』第6話。 ミサ(佐野ひなこ)が捕まり、そしてライト(窪田正孝)も自ら檻の中へ…という言わば監禁編だけで1時間。 その分、終盤の親子劇が、今一度 音原田の件を引いたり、白ライトがキラをともに追う理由を補強したり、色濃く展開されて…

奔放ミサミサの失恋…『デスノート』第5話

監視カメラの下で、ライト(窪田正孝)とミサ(佐野ひなこ)が接触。 原作よりも気が気でない状況での遭遇に、毒舌モノローグ全開のライト。ちょっと遊び過ぎな気もしつつ。 仮にもミサミサファンだったライトが、気持ち的には急速に冷めていくようにも見えて面…

端正Lの接近…『デスノート』第4話

ドラマ版『デスノート』第4話です。 個人的にはまだ27時間テレビの余韻が残る、30分後の放送だったので、いつもよりは流し見でした(^-^;;今回は監視カメラ越しの攻防から幕開け。 監視カメラに気付いてから、どうすることが打開策なのか考え、ポテチトリック…

覚醒ライトの開眼…『デスノート』第3話

来た来た来たーッ!とばかりに、一気に面白くなってきました。『デスノート』第3話。やっぱりライト(窪田正孝)はこうでなくちゃ…という表情が垣間見えてきて良かった。 キラ開眼。 FBI捜査官の抹殺をひらめいた瞬間なんか最高だった。この時に目の取引を断る…

レイ・ペンバーの誤認…『デスノート』第2話

ドラマ版『デスノート』第2話です。 今週のトピックはなんと言っても…ライト(窪田正孝)を尾行していたFBI捜査官の「レイ・ペンバー」という名前が偽名だったこと。原作読者的には、すっかりダマされました。こう来たか! その前にもう一段階、バスジャック中…

凡人ライトの決断…『デスノート』第1話

ドラマ版『デスノート』。 放送前から曰くありげな雰囲気でしたが、いよいよ昨日から始まりました。 以前から言ってるように自分は割と、実写版が別物でも楽しんじゃうクチなので、楽しく見させてもらいましたよ。まあ、序盤は… “平凡な大学生”設定の夜神月(…

面白かったかもしれない女優たち

『かもしれない女優たち』が面白かった。昨日、フジテレビ系列で放送されたバカリズム脚本の単発ドラマ。 竹内結子、真木よう子、水川あさみが、もし売れっ子女優になれていなかったら…というテーマでいずれも本人役で演じられたオムニバスコメディ。 劇中に…

『F』に続いて、Vシリーズもドラマ化

赤と黒のゲキジョー『~瀬在丸紅子の事件簿~黒猫の三角』 - とれたてフジテレビ ドラマ『すべてがFになる』の感想で、Vシリーズは無いだろうな…なんて言ったばかりなのに(笑)。 Vシリーズ『黒猫の三角』がドラマ化されることになりました。 ただし、連ドラ…

すべてがええ風になる

ドラマ放送中の『すべてがFになる』。最初こそ「こんなの犀川じゃない…こんなの萌絵じゃない…」なんて思っていたけど、なんだかんだ普通に楽しんで見ています(笑)。 解決編が殊更ドラマチックに飾られていない辺り、最低限の雰囲気は出ていると思います。 初…

ウソだろうが『ごめんね青春!』

日曜劇場『ごめんね青春!』 | TBSテレビ あまちゃん以来となるクドカン連ドラ最新作『ごめんね青春!』…一昨日放送の第1話、面白かったぁー! 導入や人物紹介、平助(錦戸亮)の言葉に突き動かされ共学合併を受け入れる生徒、そして14年前の真実… ただでさえ1…

『すべてがFになる』がドラマになる

すべてがFになる - フジテレビ 武井咲&綾野剛、「すべてがFになる」W主演で難事件解決! (1/3ページ) - 芸能社会 - SANSPO.COM(サンスポ) 森博嗣の「S&Mシリーズ」がドラマ化されるそうです。 このタイミングで?このキャストで?と意外だらけの発表だ…

『HERO』の帰還

この7月クールは、天樹先生もとい樹林さん関連のドラマが目白押しだったりします。 まずはもちろん本サイトで扱っている『金田一少年の事件簿N(neo)』。 『GTO』は「S.K Produce」のクレジットが原作にあり、『HERO』も原案:樹林伸です。 3作品ともがこの7…

映画とドラマと大河ドラマと

更新停滞していた期間のニュースを、取り留めもなくちょっと振り返ってみます。 映画『バクマン。』公式サイト コミックナタリー - 「バクマン。」佐藤健&神木隆之介のコンビで実写映画化 完結から2年、『バクマン。』実写映画化決定だそうです。 ナタリー…

トリック新作スペシャル3

『トリック新作スペシャル3』、昨日放送されました。映画が「ラストステージ」で最後ならば、テレビはこの「新作スペシャル3」が最後! ということで、決して映画宣伝のための「ついで」では済まさず、母・山田里見(野際陽子)もきちんと本編に絡んでくる活躍…

あまの大晦日

あけましておめでとうございます。 2014年です。 本年もよろしくお願い致します。と言うことで帰省から戻ってきました。 さて、そんな帰省先で観ていました。 もちろん紅白ですよ。あまちゃんですよ。いや、もう最高すぎた! 第一部での幕間劇からして興奮し…

『リーガルハイ』捲土重来の最終回

風邪でしばらく寝込んでいたのでちょっと時機遅れですが、第1話から書いていたのだし最終回も書いておきます。 『リーガルハイ』最終回!予想に反して、最終回だからと言ってコメディ要素が多いってことではありませんでしたね。 古美門(堺雅人)から羽生(岡…

『リーガルハイ』立て板に水の第9話

いよいよ最終章開幕です。いやあ、シビレました。裁判のあり方を問う古美門(堺雅人)の、あの熱弁ですよ! 前シリーズ、絹美村の老人たちを説得シーンを彷彿とさせる屈指の名場面!強いて言えば、「民意」という論点が、4月のスペシャルで言っていた「空気」…

『リーガルハイ』馬脚を現す第8話

北の国からリーガルハイ。ただ、パロディ回としてはやはり予告編も含めて、犬神家の一族の方がインパクトあったかな。 古美門(堺雅人)の性格を変えるつもりが、羽生(岡田将生)の本性が露わになってきました。理想がいつしか独善へと成り下がり、闇に染まって…

まだまだ『あまちゃん』ですが…

流行語大賞候補に入ったこともそうですが、年末に向けて『あまちゃん』関係のニュースが立て続けに入ってきたのでいくつか紹介。 第64回NHK紅白歌合戦 能年玲奈、紅白PR大使に就任!「あまちゃん」イヤーを締めくくる - シネマトゥデイ 能年玲奈が、「紅白PR…

『リーガルハイ』窮鼠猫を噛む第7.0話

前回、あんなイイ雰囲気で送り出したとは思えない古美門(堺雅人)の暴言っぷり! 今回は3つの裁判同時進行で、古美門vs黛(新垣結衣)による舌戦の連続。アニメ裁判、ハダカ裁判、インコ裁判…3つもやるもんだから、『逆転裁判』風に言うなら探偵パートがなく法…

『リーガルハイ』風雲急を告げる第6話

15分もの時間を残してエンディング曲が流れたことが、すべてを物語ってました。 そこからのエピローグ15分、ゆっくり静かに、しかしそれでいて激動の展開でした。 黛真知子(新垣結衣)、古美門研介(堺雅人)の下から独立!いつもの毒舌はなりを潜め、黛の成長…

『リーガルハイ』第5話

黛真知子(新垣結衣)の父、黛素夫(國村隼)登場! 原告・被告以外のゲストという点では、前回は別府判事(広末涼子)だった必然性が希薄だったと感じましたが、今回は「古美門法律事務所」がブラックじゃないかと質す親父さんがメインのゆるキャラ訴訟案件ともほ…

『リーガルハイ』画竜点睛の第4話

これまで『リーガル・ハイ』と銘打ってましたが、正確な表記は「・」無しみたいです。しかも、このパート2からという分かりにくい変更(^-^;; と言うことで、今後の記事はそれに倣おうと思います。 NEWSポストセブン|堺雅人主演『リーガルハイ』 「・」を取…

『リーガル・ハイ』破顔一笑の第3話

いや、塚地、ブサイク言われすぎだろ(笑) と言うことで第3話、テーマは整形裁判。ブサイクという言葉が飛び交いすぎて、黛(新垣結衣)じゃないけど「なんじゃ、この裁判」状態。ほのか(美波)の昔の写真はさすがに合成かな、と思いきや、エンドロールで「高校…

『リーガル・ハイ』本領発揮の第2話

罵詈雑言のバリエーションが、尽きへんなー♪ と言うことで、『リーガルハイ』第2話です。前回はプロローグ的な話だったので、1話完結モノとしては実質的に初回と言っていいのかも。実際、前シリーズのノリが戻ってきています。 「ネクサス」を立ち上げた羽生…

『安堂ロイド』はオモロイド?

ガモウひろし『バカバカしいの!』より引用 なんか思っていたのと違って、結構見ちゃいました。 タイトル通り、アンドロイドものとは知っていたけれど、サブタイトル通り、恋愛ものなんだと思っていました。『ターミネーター』や『マトリックス』もどきな、S…

『リーガル・ハイ』開廷!

『リーガル・ハイ』待望の第2シリーズです。半沢ばりのどアップに始まり、小ネタは尽きないし早口・毒舌なんでもござれの古美門節は健在。面白かった-! ただ、初回となる今回は新キャラの紹介、特にシリーズ通して描かれることになる安藤貴和(小雪)事件の…

あまちゃんの世界はまだまだ終わらない

『あまちゃん』、今朝の放送で最終回を迎えました。 ただ、最終回を観てもなお、昨日の雑感のとおり、あんまり実感が湧かないまま、自然と終わっちゃった、というのが正直なところ。ジャンルは全然違いますが、昨年は大河ドラマ『平清盛』にドハマリして、そ…

あまロスに感動できない最終週

朝ドラ『あまちゃん』、明日でいよいよ最終回です。 最終週だけあって、今週に入ってからの『あまちゃん』はフィナーレに次ぐフィナーレ。『あさイチ』の“受けコメント”や、ネット上でも毎日のように感動の声が挙がっていますが…なんと言うか、そこまでの熱…

あまロスに備えて…?『あまちゃんメモリアルブック』

『あまちゃん』最終回まで、あと10回を切りました。けど、なんか全然そんな実感が湧かない。この半年、それぐらい毎日観ていて生活に根付いちゃっていたんだなあ、と思うこの頃。「あまロス症候群」なんて言葉も、あながち馬鹿にできない状況です(苦笑)。そ…

警部補・矢部謙三2

『トリック』のスピンオフ新シリーズ『警部補・矢部謙三2』が昨日、最終回を迎えました。 いまだ尽きない小ネタの数々に、新たな縦軸として警視総監(大和田慎也)やその娘・未来(畠山彩奈)との掛け合いも可笑しくて楽しませてもらったけれど、一方でさすがに…

潮騒のメモリーからいらないバイクまで

CDを買ったのって何年ぶりだろう…。今日発売の、朝ドラ『あまちゃん』に出てくる劇中歌を集めたアルバム『あまちゃん 歌のアルバム』を買っちゃいました。ドラマ終了後ももちろん聴くでしょうが、やはり「旬」と言う意味では最終回までの残り1ヶ月が勝負。そ…

リーガル・ハイ

『リーガル・ハイ』スペシャル。 昨年の連ドラの時から好きだったので、今回のスペシャルも制作決定の頃から楽しみにしていましたが、いやはや期待以上と言うか、神懸かり的に面白かった。 小気味よく笑い所の絶えない脚本と、堺雅人扮する弁護士・古美門研…

うぬぼれ刑事

『うぬぼれ刑事』、録画を最終回まで見終えました。 宮藤官九郎×長瀬智也コンビのドラマということで最初から期待値も高く、7月クールで大河ドラマ以外では唯一見ていたドラマでした。クドカンのドラマと言えば、5年前の『タイガー&ドラゴン』が一つこれま…

ケイゾク

戸田&加瀬W主演で「ケイゾク2」 (1/2ページ) - 芸能 - SANSPO.COM なんて『トリック』に感慨をふけっていたら、今度は『ケイゾク』の方が続編キターッ! とは言っても、中谷美紀じゃないし渡部篤郎じゃないし、柴田じゃないし真山じゃないし、タイトルも…

トリック

『トリック〜新作スペシャル2』、昨日 放送されました。実に4年半ぶりです。2005年11月13日(日)、ちょうど誕生日だったんで覚えてるんです(笑)。『劇場版2』から数えても4年ぶりとなる『トリック』本編の新作です。 なんですが、前回の新作スペシャルから劇…

トリック新作

仲間由紀恵:4年半ぶりドラマ「トリック」復活 映画と同時撮影「そんなことがあっていいのか…」(まんたんウェブ) - 毎日jp(毎日新聞) 今年5月に映画『霊能力者バトルロイヤル』が公開、4月にスピンオフ『警部補 矢部謙三』が放送開始されることは既に発表…

「トリック」まさかのスピンオフ

テレビ朝日|警部補 矢部謙三 (公式サイト) 生瀬勝久:「トリック」からスピンオフ「警部補 矢部謙三」で連ドラ初主演 4月放送(まんたんウェブ) - 毎日jp(毎日新聞) 今年5月に、映画3作目を控えている『トリック』ですが、その前に4月から連ドラがスター…

ライアーゲーム

『ライアーゲーム シーズン2』、昨日 最終回でした。 てっきり葛城リョウ(菊地凛子)との決着は、映画にまで持ち越すんだと思ってました。それはそれで賛否両論ありそうだけれど、最初から映画公開を予告していたもんだから、完全に「引き(惹き)のまま終わる…

JIN−仁−

20日(日)は『M-1グランプリ』以外にもう一つ、『JIN-仁-』最終回にも注目でした。 が―。 なかば予想通りではあったのですが、結局タイムスリップとか坂本龍馬の謎は全くと言っていいほど明かされませんでしたね。一応は期待していた部分だったので、90分スペ…