読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個人的不定期雑感はてな

本サイトとは別に、任天堂ゲームやテレビ番組について徒然と。

岡村隆史、復帰

テレビ お笑い

嬉しいなあ。感動したなあ。そして何より、面白かったあ!


本日放送の『めちゃめちゃイケてるッ!』で、いよいよ岡村さんが復活!
待ちわびていました。その瞬間が訪れ、もう感無量でした。
チリ落盤事故の“フェニックス”になぞらえた、134日ぶりの劇的な登場による感動もさることながら、それに端を発するめちゃイケ流コントが展開され、全力で応える岡村さんの姿に、ブランクはどこへやら、すぐさま面白かったことが嬉しくもあり安心しました。
有野のガヤがひとつひとつ冴え渡っていて、それもまた良かったです。(「僕、入院した時はこんなの無かったですよ」は見事でした)


でも、断片的に語られた5ヶ月の状況から察するに、やはり一時 噂されていたようにうつ病などの精神的なものに追い詰められていたんだろうな、と思います。メンバー一人一人と抱き合っている時にそれぞれ何かしら囁く場面がありましたが、その中で鈴木紗理奈の時に「(結婚したときに)おめでとうって言わんでごめんな」って言ってるんですよね。これまで周りが結婚したときには「俺は祝わん」というのがひとつ岡村さんの常套句になってましたが、そういった些細なことに至るまで、一度すべてを後悔し否定してしまった時期が、この5ヶ月の間にあったんだろうと観ていて感じました。そういう状況だからこそ、有野に対しての「お前のメールで助かった」というのも大げさでなく、本当に救われた思いがしたのだろうと思います。(一方ではボケを囁く場合もあって、雛形あきこの時は「水戸黄門、やってるか」でした(笑))


そして最後、矢部との万感こもっていたであろう抱擁…
「悪かったな…ゆっくりしていて悪かったな…」
「大丈夫、大丈夫…大丈夫、大丈夫…」
言葉は少ないけど、ナイナイの2人の絆が凝縮されたようなやり取りに、放送から何度か見返していますが、その度に涙が出るほど感動です。ああ、ナインティナイン良いなあ、と改めて噛み締めました。
スポーツ新聞を見て、矢部と青木アナとの交際を意気揚々といじる岡村に対して、「あんた、治ったな」というツッコミも、表向きは割と淡々と司会をこなしつつ、嬉しさが滲み出てくるようで感慨深いところでした。


これから各番組にも復帰していくみたいです。
どうか無理をしないで、ストイックな岡村さんも好きだったけれど、素敵な仲間に頼り甘えられる岡村さんも良いんじゃないかなと思います。
そしてまた、楽しませて欲しいです。


(2010.12.02 1:01/加筆修正)