読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個人的不定期雑感はてな

本サイトとは別に、任天堂ゲームやテレビ番組について徒然と。

バクマン。 16巻

漫画 バクマン。

順番は前後しますが、前回16巻の感想を書きそびれているので、恒例(?)のサブタイトルと共にかるーく振り返り。

バクマン。』第16巻

  • 134ページ:独走と鈍足
  • 135ページ:連続と阻止
  • 136ページ:伸びしろと対抗策
  • 137ページ:巻頭カラーとセンターカラー
  • 138ページ:迫力とアイディア
  • 139ページ:最終話とコメント
  • 140ページ:限界と火の鳥
  • 141ページ:年齢と実績
  • 142ページ:新人とベテラン

16巻はやはり、新妻エイジの連載作『CROW』の大団円!最後の最後まで格好良かった。
第2巻で、新妻エイジが「僕が嫌いなマンガをひとつ終わらせる権限をください」と宣言した時点で、この“自分の作品を終わらせたい時に終わらせる”という構想は出来上がっていたんでしょうね。17巻でテーマになった後付け伏線なんかではなくて…。言われてみれば、これ以外にない展開なんですが、盲点でした。


ちなみに、この巻だけカバーイラストの新妻エイジが表紙に止まらず背表紙・裏表紙にまで進出しています。今後もこの装丁で行くのかな、と思いきや最新17巻ではまた元通りだったので、ナニユエこのデザインだったんだろ…。