読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個人的不定期雑感はてな

本サイトとは別に、任天堂ゲームやテレビ番組について徒然と。

Wii U

ゲーム
任天堂、「Wii U」の最新情報をE3に先駆けて公開 - GAME Watch

今年もE3の季節がやって来ました。
が、E3本番を目前に控えた今日、任天堂が「プレE3」と題して、「Wii U」の主に本体機能にまつわる新情報を発表しました。E3本番は、その本体機能を踏まえて、新作ソフト群の発表に注力するという算段みたいです。


そんなワケで、今日明らかになった新情報─。
まずは液晶搭載のタブレット型コントローラーの正式名称が「Wii U ゲームパッド」だと発表されました。
既報の通り、NFCリーダーライターを搭載(具体的な活用方法はまだ美発表)し、アナログ入力は3DSライクなスライドパッドから据置機ライクなスティックに変更されたことも明かされました。据置機なのになぜスライドパッドなの…という疑問はあったので、素直に嬉しい変更でした。
ゲームパッド単体でテレビを操作するリモコン機能も。これで、テレビを点け入力を切り替えWii Uを起動しゲームを始めるまでの動作がゲームパッドひとつで完結できるようになった。ゲームを始めるまでの障壁を少しでも下げようという意識が伝わります。


一方で、液晶を搭載しない従来型のコントローラーとして「Wii U PRO コントローラー」も発表。基本はWiiでも発売中の「WiiクラシックコントローラーPRO」なのですが、フォルムやスティックの位置を変更し、また単体で無線プレイできるようになっています。その結果、持っていないので自分はピンと来なかったのですが、Xbox360のコントローラーとそっくりになっちゃったみたいですね(^-^;;
ただ、ゲームパッドでもこのPROコントローラーでも気になったのが…、スティックに八角形のミゾがなくなっているんですよね。N64からWiiに至るまで任天堂製のスティックには八角形のミゾがあって、直線的な操作もし易かったのが利点だったのに。これはちょっと残念です。


そして今回の発表でキモだったのは、何と言ってもソーシャル機能。
Miiverse(ミーバース)」と名付けられた機能は、プレイしているタイトル毎にTwitterFacebookのようなコミュニティが形成されていて、プレイしている最中の感想コメントや攻略情報をその場で共有しつつプレイできる。映像では、ビデオチャットできる機能も紹介されていた。
任天堂のサービスとして意外だったのは、これらの共有機能がフレンド同士以外にも解放されるということ。個人的には、3DSなんかではなかなかフレンド登録し合う機会もないので嬉しいところです。が、それだけに不特定の不適切な投稿をどう弾いていくのか気になるところです。ネタバレ対策は施されると言及していましたが。


と言うことで「Wii U」の一端が紹介されて早くもテンション上がっていますが、やはり肝心なのはソフトです。
Wii U ゲームパッド」「Miiverse(ミーバース)」…これらをどんな形で活用するソフトが出てくるのか、明日のE3カンファレンスが楽しみです。