読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個人的不定期雑感はてな

本サイトとは別に、任天堂ゲームやテレビ番組について徒然と。

27時間テレビ

テレビ お笑い

4ヶ月ぶりの更新は、さすがに過去最長(^-^;;

と言うことで、この機会にはてなダイアリーからはてなブログの方に移行してみました。デザインは適当に選んだだけなので、追々調整していきます。

FNS27時間テレビ 女子力全開2013 乙女の笑顔が明日をつくる!! - フジテレビ

女芸人11人がメイン司会という触れ込みでしたが、司会と言うよりは過去4年の例で言うと「ヘキサゴンファミリー」「めちゃイケ!ファミリー」「いいとも!ファミリー」みたいなファミリーを組んだって感じでしたね。そして、そのファミリーで各番組にお邪魔していく、と。
で、各番組を渡り歩くにあたって、タモリがゲスト!島田紳助がゲスト!ナイナイがゲスト!みたいな普段見られないような特別感が、悲しいかな…今回の女子力全開ファミリーでは感じられず、明らかにパワー不足だった。フジテレビ大反省会では末席に追いやられていたのも象徴的だった。
そんなところで、やはり今回は今ひとつだったな、というのが正直な感想です。

めちゃイケパートは、初の爆裂お父さん生放送!「あいつは7年帰って来れないんだ」と、山本ネタ仕込んできましたね(笑)。『ゼロテレビ・めちゃユル』で近況を語って以降、『めちゃイケ』内でも山本の話題に触れる機会が増えていて、明らかに世間の反応が窺っている節があるので、いよいよ生放送のこのタイミングで来たか、って感じでした。
ただ、7年経っちゃって今から往時のような活躍や芸風を出来るかどうか、とか考えちゃうと必ずしも復帰は望んでいない、というのが他人事ゆえの個人的な感想です。今みたいに話題に出すこと自体がタブーに触れるか触れないか、みたいな扱いの方が面白かったりもしますし。
ただ…。女性アイドル(AKB48)の顔を足蹴にするような番組のなかで復帰を望むっていうのは、どうにも説得力ないよなあ(笑)。*1
最後にはさんまも登場。さんま&ナイナイのラストカットも決まっていたし、27時間テレビ最初のコーナーながら、個人的には一番盛り上がったコーナーだったな。

ほこ×たては、1日目ヌーブラ対決での土屋アンナのモノマネ大ブレイクが白眉でした。前々から「サンジャポ」でモノマネ披露していた人だけど、奇跡的なタイミングで跳ねたなー(笑)。肝心の本編は、ロードローラーvs.ポールは散々引っ張ったり特別感が薄かったりして、27時間テレビ内での「ほこ×たて」とはどうあるべきか、みたいなのが問われる所でしたね。番組の重要度的には来年も企画を任されるだろうから期待です。
「アウト×デラックス」もまた、初の生放送で27時間テレビ内でこの企画で良かったのかなあ、という気も。大人数を活かせていないし、なにより普段のアウトな魅力が出ていない。
「フジテレビ大反省会」はコーナー説明だけ読むと楽しみだったんですが、終始 太田やホリケンが引っかき回して、さんまがお得意のパターン持ち込みまくりで、ただグダグダなだけだったのが残念…。『めちゃイケ』も『ピカルの定理』も全メンバー揃える必要性が全然なかったね。

時折挿入されたショートドラマは正直寒かったけど、最後、それらが火薬田ドンへと繋がったのは笑った。花火が盛大に打ち上がってのエンディングも、あれはあれで良かった。過去5年間ふざけ続けたことが振りになって、花火を見上げる火薬田ドンの姿がミョーに格好良かった(笑)。
でも、本当の大オチは、そんなふざけ続けた5年の歴史がDVDに…という告知でした(^-^;; って、さんまが深夜に言っちゃってたじゃん!本当はここで大発表のつもりだったのかな。

そんなこんなで結局は、女芸人11人ではなくメインアシスタント・明石家さんまの存在感だけで際立ってしまった27時間テレビだったように思います。
やはり安定感はある反面、そろそろ脱却して欲しいなあ。奇しくも再来年・60歳の年をめどにセミリタイヤとも明言されていますし、次回は「さんま不在」ということをテーマにどういう27時間テレビを組むことが出来るか、とかやって欲しいな。

*1:蹴ったこと自体は台本のうちだっただろうし非難する気はないけれど