読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個人的不定期雑感はてな

本サイトとは別に、任天堂ゲームやテレビ番組について徒然と。

終わるマリオ、始まる101

ゲーム

ちょっと前の話になりますが…

f:id:Rarutan:20140216190556j:plain
スーパーマリオ3Dワールド』をクリアしました。
王冠コースを制覇し、めちゃくちゃ面倒くさかったけど全5人全コースクリアも達成してハンコもコンプリートしたので完全クリアです。

いやあ、楽しかったです。
年末のエントリーにも書きましたが、やはり『マリオ』はシステムがどうこう説明するんじゃなく、もう無性に楽しい感覚に尽きます。
マリオ64』のような広大なフィールドも、『マリオギャラクシー』のようなダイナミックな滑空もない分、より純粋に個々のアクションや多彩なギミックが気持ち良かった。

難易度は…、最後の王冠コースが難しすぎた(笑)。
100機以上費やしました。
でも、ミスしてもテンポが良くてリトライもあまり苦にならず、トライ&エラーに病み付きになる感覚は久しぶりでした。

各コースのクリア後要素として、ゴーストが現れるのも楽しかった。
全国のプレイヤーのゴーストデータがランダムで3体現れ、同時にプレイできる。
ランダムとは言っても、自分の最高タイムよりちょっと早い程度のゴーストが選出されるようになっているので、出来もしない超人プレイを見せつけられるでもなく、競争のし甲斐があります。

昔話で恐縮ですが…
スーファミN64の頃って、たとえば『マリオカート』なんかで「カセット1本につきゴーストが保存できるのは1体まで」とか、とにかくゴーストってデータ量の大きくて融通利かせられないイメージが強いです。
それが今や、こんなに軽々と全国からゴーストを取っ替え引っ替えしてプレイできるって、進化してるんだなあ、なんてしみじみ思いました(^-^;;


そして、『スーパーマリオ3Dワールド』が一段落したということで…

f:id:Rarutan:20140216190647j:plain
続いて、『The Wonderful 101』をプレイスタート。
実は先月、新春セールで買っていたのを、ようやく開封しました。

『マリオ』とはまた毛色の異なるアクションゲーム。
1ステージにこれだけイベントを詰め込むか!と圧倒されっぱなし。そして熱い!

Wii Uは、ソフト不足が嘆かれていますが、自分はそれなりに満喫しています(^-^;;

The Wonderful 101

The Wonderful 101