読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個人的不定期雑感はてな

本サイトとは別に、任天堂ゲームやテレビ番組について徒然と。

スマブラforダイレクト

ゲーム


大乱闘スマッシュブラザーズ Direct 2014.4.9 プレゼンテーション映像 - YouTube

大乱闘スマッシュブラザーズ』の最新情報を盛り込んだニンテンドーダイレクトが配信されました。
スマブラ単独で40分弱。
見応えのある内容でしたが、一方ではまだ核心部分の情報を伏せている所もあり、ますます底が知れない。

と言うことで、気になった所を見てみます。

3DS版は2014年夏頃、Wii U版は2014年冬頃発売予定
なんと!発売日を分けてくるとは。てっきり同時発売だと思っていました。
場合によっては、Wii U版だけで良いかなあ…と思っていましたが、やはり両方買う方向かな。

参戦キャラは両機種とも共通なので、3DS版発売の時点で隠しキャラとかも発覚してWii U版プレイ時には隠しキャラのサプライズが残されていないのが気掛かりかな。
Wii U版発売時に、連動もしくは時限式で3DS版にも新たな隠しキャラ解禁…みたいな方法も含めて“参戦キャラは共通”だったら嬉しいんだけど。
高望みしすぎか。

もしかしたら発表あるかな…と予想していた、正式タイトルの発表はありませんでした。
と言うことは改めて、『for 3DS』『for Wii U』が正式タイトルということでいいのかな。
4作目(Four)とforが掛かっているのは分かるんですけど、一方でこれだと仮題っぽさも抜けないので気になっていました。

■オンライン対戦&ランキングの進化
桜井政博さんの考えるオンラインの在り方が、また一歩前進してきました。

エンジョイ部屋&ガチ部屋、各ステージの“終点”化、世界戦闘力という指標…

スマブラX』で抱えていた問題点を、「その手があったか」と目から鱗が落ちる解答を出してきました。
終点専用の部屋にも驚きだし、なにより各ステージとも地形フラットな“終点”を用意したというのは驚きました。
こうなって来ると「終点」というのは、もうステージ名じゃなくてバリエーション名ですね。
「世界戦闘力」も、言ってしまえばランキングを下から数えただけ…とも言えるんだけど、上から数えられるよりも抵抗感は少ない。視点の切り替えですよね。
まあ、いざやってみて「戦闘力たったの5か…ゴミめ…」なんてことになったらイヤですけどね(^-^;;

あと、公式的に有線LANでの接続を推奨してきたのも意外でした。
「意図的か否かに関わらず、頻繁な回線切断にはペナルティー」という取り決めもあるので、明言したという意味合いが強いのかな、と思いますが。

ゼロスーツサムス!シーク!リザードンヨッシーゲッコウガ
ここは期待通り、参戦キャラも一気に発表されました。
まあ、前半3人は「変身の廃止」にともなう単独キャラ昇格という様相ですが。
ゲッコウガは、『ポケモンX・Y』の最初に選ぶポケモンの進化形みたいですね。プレイしていないので、ごめんなさい、この参戦はあんまり感慨ないですね。

そして、ようやくヨッシーの参戦発表です。
真っ直ぐ立った姿勢になる等、変更点は多いようですが、ベビィマリオを乗せた状態で参戦するんじゃないか、という予想ははずれました(笑)。

ほかに気になったのは、Wii Fitトレーナーは男性も選択可能。
Miiverseなどで示唆されていましたが、今日の発表で確定しました。『スマブラX』のワリオの要領で、コスチュームチェンジは色々幅がありそうです。
むらびとの女の子バージョンや、オリマーを『ピクミン3』のアルフに変更できたり、あるいは衣装だけでもドクターマリオの復活とかに期待したい。

いやあ、俄然楽しみになってきました。