読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個人的不定期雑感はてな

本サイトとは別に、任天堂ゲームやテレビ番組について徒然と。

豚骨コント、歌ネタのタネ多雨、ナイナイナ

キングオブコント2014、決勝進出10組が決定 - お笑いナタリー

キングオブコント、決勝進出者が発表されました。

リンゴスター、犬の心、ラブレターズ、バンビーノ、ラバーガール、アキナ、巨匠、チョコレートプラネット、さらば青春の光、シソンヌ

の10組。今年の決勝戦はトーナメント制だそうです。

個人的には、ラブレターズの決勝進出が嬉しかった。
「めちゃユル」でやっていたキラキラネームのコントが大好きだったので、是非そのネタを披露して欲しい。
さらば青春の光も、過去2年のネタが好きだったので楽しみ。
ワケあって松竹芸能辞めて、片や松竹芸能イチオシだったうしろシティと対のイメージで見ていたので、うしろシティ落ちてさらば青春の光が残ったかあ、みたいな感慨も。

「歌ネタ王2014」手賀沼ジュンが回文で優勝 - お笑いナタリー

MBS主催のお笑いコンテスト。
主に関西での放送なのでピンと来ないけど、感覚的には漫才、1人芸、コントに続く4本目の柱のイメージ。まだ2回目だけど。

そして今年、9月3日(水)の生放送で優勝を果たしたのが手賀沼ジュン。
初めて見る人だったけど、「回文ソング」面白かった!

過去にも回文を淡々と披露していく芸人は居ましたが(“レム色”だったっけ?)…
それを歌にすることで、もちろん回文自体のセンスもあるんですけど、歌い上げるサマとかメロディーとか全部一体となって、ツボにはまりました。
ふとした時に、つい口ずさんでしまうレベル(^-^;;
なかでも、「クリリン離陸、胎児ベジータ、怪人棒々鶏か」の流れがお気に入り。

ナイナイANNは矢部が卒業、岡村ピンで再始動 - お笑いナタリー

先日の記事でも紹介した、ナイナイのオールナイトニッポン終了発表。

その翌週フタを開けてみれば、矢部のみ卒業、岡村1人でオールナイトニッポン継続という発表でした。
2010年の岡村休養・復帰を経て、矢部のなかでは段々と区切りのようなものが付いてしまい、モチベーションが保てなくなった、と語っていました。
気持ちは分かる反面、寂しさは拭えない。
ナイナイ2人での放送は、残すところあと3回!

そして、この発表を受けての午前3時からの2部「ウーマンラッシュアワーオールナイトニッポンZERO」が最高だった!
岡村1人のオールナイトニッポン最初のスペシャルウィークは、ウーマン呼んで是非とも下克上繰り広げて欲しい。