読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個人的不定期雑感はてな

本サイトとは別に、任天堂ゲームやテレビ番組について徒然と。

今年プレイしたゲーム

2014年も残すところ、あと3日。
気付けば毎年なにかしら書いていた「流行語大賞」やら「今年の漢字」に触れそびれていました。例年ほど興味が持てず、その上でいっちょ噛みするのもダメよ~ダメダメってなもんで。
ただ、もう1つ恒例のこちらは書き留めておきたいと思います。

自分にとっては例年より多いタイトル数です。
世間的にはWii U不調と言われるなか、どこ吹く風とばかり堪能しています。
すべて任天堂タイトルだって考えちゃうと、自分の側に偏りがあるし、寂しい気もしますが(笑)。

今年は、なんと言っても『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』の発売ですね。
12月発売もさることながら、1年を通してMiiverseでの情報公開に日々楽しませてもらった、という意味でも、やはりスマブラは特別です。
迫力のHD画質、圧倒的ボリュームに垣間見える任天堂の歴史。素晴らしい。
まだ始まったばかり、来年も楽しませてもらいます。

と言うことで今年のNo.1タイトルという点では、『ベヨネッタ2』を推したいです。
このブログでも度々書いてきたけど、待望のタイトル遂に発売です。
なにより「1」同梱が堪らなく嬉しく、「1」「2」ともに期待を裏切らない出来で最高でした。
アクションの1つ1つが気持ち良く、どのタイミングでも攻防入れ替わるレスポンスもまた見事。
「1」については、でもこれが5年前のゲームなんだよな、とも感嘆しました。

The Wonderful 101』も完全クリアするまで遊び込みました。
ベヨネッタ2』と合わせて、今年はプラチナゲームズ尽くしの1年だったという印象です。


2015年は『スプラトゥーン』と『マリオメーカー』あたりが気になるかな。
オープンワールドを謳う『ゼルダ』最新作は、今のところあんまり食指が動かないです…。