読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個人的不定期雑感はてな

本サイトとは別に、任天堂ゲームやテレビ番組について徒然と。

任天堂×DeNA提携に望むもの望まないもの


任天堂株式会社 株式会社ディー・エヌ・エー 業務・資本提携 共同記者発表会 - YouTube
任天堂株式会社 株式会社ディー・エヌ・エー 業務・資本提携共同記者発表

今日、突如として降って湧いたニュース。
あれよあれよと言う間に声明が出て会見開かれて、会見全文が掲載されて…。仕掛けてきたな、って感じでした。

これまでの株主総会などでの質疑応答ソーシャルゲームスマートフォンについて問われた時に、どこかはぐらかすような答弁に終始していたのに対して、今日の会見前半は、いよいよ誠実に答えなければいけない時が来た…ということなんでしょう。
「やる以上は絶対に勝算を持って臨みたい」というスライドも力強い。

ただ、現状のゲーム機を楽しんでいる身としては、スマホ移行を臨んでいないのも本音なんですけどね。
ゲーム機で発売されるタイトルが任天堂IPの本編であり続ける限り、スマホ向けタイトルっていうのはミニゲームの粋を出ないという予想しか持てないです。
これは自分がいわゆるスマホゲームに興味がない、と言うか馴染みがないからなんでしょうが。
そこは「こんな手があったか!」という、それでもなお惹きつけられる続報を待つしかないですね。

クラブニンテンドーの後継サービスをDeNAと共同開発というのは朗報でした。
任天堂のネットワーク周りが弱いというのは否めないので、NNIDの取り回しなど含めて、ここはDeNAのノウハウを活かして改善して欲しいところ。

そして聞き捨てならない「全く新しいコンセプトのゲーム専用機『NX』を来年発表」。
まあ、そりゃ常に次のハードを開発している…というのは自明で、それを表明するには時期尚早すぎると言わざるを得ない。
けど、今回の一報を「ゲーム機撤退、スマホ移行」と取られかねないことを見越して、そうなるよりは新ハードの存在を表明してしまおうということだったのかな。

「全く新しいコンセプト」…今のところは据置型と携帯型の融合あたりが想像されますが。
発表は来年のE3かな。気が早いなあ(^-^;;