読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個人的不定期雑感はてな

本サイトとは別に、任天堂ゲームやテレビ番組について徒然と。

奔放ミサミサの失恋…『デスノート』第5話

監視カメラの下で、ライト(窪田正孝)とミサ(佐野ひなこ)が接触。
原作よりも気が気でない状況での遭遇に、毒舌モノローグ全開のライト。ちょっと遊び過ぎな気もしつつ。
仮にもミサミサファンだったライトが、気持ち的には急速に冷めていくようにも見えて面白かった。
状況次第では、普通に“両思いのキラ”になっちゃってもおかしくなかっただけに、ミサにとってはある意味「失恋」かな(…と記事タイトルの説明)。

ミサを利用することに躊躇うあたりはドラマ版ライトらしい。

そして、この展開でキラと第2のキラが接触してからの捜査本部入りって流れも、新鮮でした。
ただ。キラとして返事を出して、第2のキラからの返答を受けてから、Lが「キラと第2のキラは接触したのでは」と推理しちゃうのは、L側から見た時系列としては間違っていないんだけど、視聴者的には「いや、その前からその前から…」とも思えて違和感ありましたね。
1つのアレンジから今後にあれこれ影響してくるのは面白いと前回言ったけど、だからこそこういうセリフは必ずしも原作通りじゃなくセリフのニュアンスを調整して欲しいところでした。

「私をLだと知ってるのはライト君だけですから…」ってセリフを残すのなら、大学で皆の前でL名乗りするなよ…とかもね(^-^;;
まあ、白シャツ作戦は笑いましたけどね。
結果的にはミサを捕まえる算段は付いていたのだから、意味のない作戦だった、とも言えますが。


と言うことで、ミサ拘束の安っぽさがちょっと気掛かりですが、次回へ続く。

ヨツバキラ編はどうするのだろう…と思って、ふと気付いたのは。
もしかしたら、魅上照が代役キラを務める流れになってくるのかな。今週、キラ賛同を表明していたし。
Lとの決着に先駆けてニアが動き出したのも気になるし、第2部の内容は相当アレンジと言うか短縮されそうですね。


以下、取り留めもなくちょっと気になった点を羅列…

ジュラス語られるけど登場せず…。
まあリュークやレムもそうなのですが。やはりドラマで事細かくCG用意するのは難しいのか、登場するシーンはかなり限られていますしね。

ミサから借りたスマホ。あのデコカバー外して使えばいいのに…。