読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個人的不定期雑感はてな

本サイトとは別に、任天堂ゲームやテレビ番組について徒然と。

監禁ライトの賭…『デスノート』第6話

ドラマ版『デスノート』第6話。
ミサ(佐野ひなこ)が捕まり、そしてライト(窪田正孝)も自ら檻の中へ…という言わば監禁編だけで1時間。
その分、終盤の親子劇が、今一度 音原田の件を引いたり、白ライトがキラをともに追う理由を補強したり、色濃く展開されていました。

デスノートを一度手放し、そして再び手に入れる算段について…
原作では自信満々、必ず僕が先に手に入れるという塩梅だったのに対して、
ドラマでは、キラとしての行いが天命なのであれば再び僕の元に戻ってくるはずだ…とある種の賭けに出てるのも良かった。

ウソ発見機にかけられるライト。
「あなたはキラですか?」その瞬間に、ノートの所有権を捨て記憶を飛ばすことで、ウソ発見機を切り抜けられる…というギミックは面白かったんだけど。
その趣向にかまけて、いまひとつ黒ライトから白ライトへの表情の変化が見られなかったのが残念かな。
加えて、ウソ発見機に頼っているL(山崎賢人)というのも頂けないし。多分、黒ライトならウソ発見機も騙し抜くと思う。
(監視カメラのなか、ポテチトリックで粛正を完遂したライト。眉ひとつ動かさず裁くさまに、Lが「キラの精神は神の域に達している」と評しているのを見ると、ウソ発見機に動揺するタマじゃない…)


そして、第3のキラ始動。
先週予想した通り「やっぱり魅上じゃね?」なんて息巻いて見ていたけど、普通にヨツバ来ちゃった…笑。
その名もヨツバジャパングループ。
原作動揺、8人の会議から始まったけど、誰が誰役なのか区別つかないから結局、原作読んでても誰がキラか分からない(^-^;;
厚切りジェイソン、ワンポイント出演だったから効果的でアリだったと思うけど。その短いシーンでも、演技的にはビミョーと思ってしまった。

さて、そんなヨツバも、Lを騙ったニア(優希美青)からのメールも相まって、早くも正体が割れようとしています。
解放されたライト・ミサも加わって、次回、一気にヨツバキラ編の決着へと突き進むみたいです。
そして出ます…「計画通り」!!

と言うことでストーリー的にも、いよいよ佳境に入ってきて楽しみなところです。
次回、ノート奪還。次々回、L決着。そして9月はニア編で最終回へ突入…という感じでしょうか。
L編重視なのは当然だとも思うけど、ニア編が決着にふさわしくない小粒さになってしまわないかが心配かな。