読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個人的不定期雑感はてな

本サイトとは別に、任天堂ゲームやテレビ番組について徒然と。

「宮藤官九郎×大河ドラマ」の興奮

ついに来た!宮藤官九郎による大河ドラマ、決定です。

2019年の大河ドラマは「オリンピック×宮藤官九郎」! | 大河ドラマ | NHKドラマ

宮藤官九郎に、いつか大河ドラマの脚本を書いてほしい!
漠然とそういう期待はずっと持っていました。
NHKドラマの通例から見ても、『あまちゃん』の大ヒットがあってお声が掛かっても不思議ではない。
しかし、クドカン作品のあのノリを歴史モノで出来るのか、大丈夫なのか…と考えると、仕方ないけど無理だろうな、と諦めていたのも本音。

そこに浮上してきたのが…
近現代史!オリンピックを題材にした大河ドラマ
日本人選手が初めてオリンピックに出場した1912年大会から1964年の東京オリンピックへと至る歴史を描いていくという─。

そう来たか、と思わず膝を打ちました。


2019年というタイミング、言われてみれば前の東京オリンピックをめぐる歴史を描いておかない手はない。
大河ドラマとして久々の近現代作品に挑戦する上でも、またとない題材。
異例尽くしの環境で、ついに宮藤官九郎脚本の大河ドラマが実現する(しかも演出やプロデューサーも『あまちゃん』と同じ布陣)、っていう…
なんか色々な嬉しさの巡り合わせで、嬉しさしかない発表でした。

なんて言っておきながら。
1964年の東京オリンピックの招致や成功、あるいはそれ以前、どういった人達がこの歴史のキーパーソンだったのか、ということをほとんど知らないんですけどね…。ごめんなさい。

そこで、キャスト予想も交えたコチラの記事がとても興味深かったです。

www.excite.co.jp

この記事でも挙げられているけど。
やはり宮藤官九郎ドラマの1つの集大成として、やはり主役の一角として長瀬智也には居てほしいな。
事務所トラブルで心配が尽きない能年玲奈あらため「のん」ちゃんにも、出演してほしいと願わずにはいられない。奇しくも改名を機に、以前よりは兆しが見えてきたと思うので、2年2ヶ月後にどうなっているか、ですね。

そう、放送が始まるのはまだまだ先。2年2ヶ月後なんですよね。
この発表のタイミングも、大河ドラマとして見ても異例です。2018年度『西郷どん』すら、まだ発表されたばかりでしたから。
「楽しみに待ちたい」と言うにもまだ気が早くて、こんなに嬉しい情報なのに気持ちの置き所がなくて、なんだか困惑しています…苦笑。

あまちゃん 完全版 Blu-rayBOX1

あまちゃん 完全版 Blu-rayBOX1