読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個人的不定期雑感はてな

本サイトとは別に、任天堂ゲームやテレビ番組について徒然と。

真田丸、その「勇猛」

テレビ ドラマ

大河ドラマ真田丸』が終わってしまった。

1年間、熱心に観てきたので最終回も万感込めて観ていましたよ。
…と言いたいところなのですが、世間が騒ぐほどには、いわゆる“真田丸ロス”にはならず戸惑ってるところです。

なんというか、見たかった最終回とは少し違いました…。

この前、信繁(堺雅人)以外にも感情移入して観ている、と書きましたが。
その中でも特に、茶々(竹内結子)と秀頼(中川大志)の存在は、個人的にはこのドラマにおいて特別だったので彼らの最期…言うなれば豊臣の最期まで描いてほしかったなー、と。

考えてみれば、今作は真田信繁の物語であって、あそこで幕を閉じるのは至極もっともなんだけど。
自分のなかでは、申し訳ない、ちょっと消化不良な感じが残っちゃった…。


もちろん、そんな不満ばかりではなく。見所も大いにありました。

真田信繁徳川家康(内野聖陽)の睨み合い!
周りを顧みず、ひたすら家康を目指して単騎で駆ける信繁の姿は、まさにその生涯を賭した総決算。
狙いを定めて銃を構える姿は、「本当に歴史が変わっちゃうんじゃね?」とばかりに痺れました。


今回、「最終回はサブタイトル無題」という趣向が凝らされています。

「真田丸」最終回は大河異例の無題!屋敷CP「皆さんが副題を付けて」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

このプロデューサーさんの声に倣って、自分がサブタイトルを付けるとするなら。
そんな信繁の血気盛んな姿を指して「勇猛」と付けたいです。

あるいは第1回「船出」だったから、あえて最終回も「船出」も良かったかもしれない。
信繁がその生涯を終え、六文銭を携え、三途の川を渡る船出。
そして、兄・信之(大泉洋)が新たな時代の舵取りを担っていく船出。
こういうサブタイトルであっても、なかなか一興だったんじゃないでしょうか。


と言うかことで、すみません、最後こそちょっと不満も書いちゃいましたが。

1年間楽しませてもらったことに変わりはありません。
こういう長期間に渡って、段々どっぷり楽しめるドラマというのは、やっぱり大河ドラマならでは。
正直なところ、来年の『おんな城主 直虎』も、再来年の『西郷どん』もあんまり興味湧かないので。
次はやっぱり2019年のクドカン×オリンピックかな。また、こんな感じでどっぷり楽しめる大河ドラマに期待したいです。