読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個人的不定期雑感はてな

本サイトとは別に、任天堂ゲームやテレビ番組について徒然と。

ニンテンドー3DS

この3連休、幕張メッセではニンテンドー3DS体験会「NINTENDO WORLD 2011」が開催されています。これまでも段階的に発表の場はありましたが、一般的に3DSを体験できる初めての場となるだけに盛況みたいです。
思い返せば6年前、ニンテンドーDS体験会の時は大阪会場に自分も行ったり(id:Rarutan:20041109)しましたが、さすがに今回は関東だけの開催ということでなかなか行くことは出来ません(^-^;;
その代わり、今回はUstream等で会場の様子が流されたりしていますので、そちらで度々チェックしています。いやー、こういうことが簡単に出来るってのも技術の進歩ですね。


そして、この開催に合わせてテレビCMもいよいよ始まりました。
「嵐」です。5人それぞれが、3DSを開いてのリアクションを撮ったものでまだティーザーの様相が色濃いので、これから発売日に向けて段々と展開していくんでしょう。
一方でテレビCMではないけど体験会映像でも、よしもと芸人の初プレイの様子が幕間で色々と流されていました。これがまた、こういった場での映像としてはなかなか豪華な面々が揃っていて、個人的には陣内智則のプレイ映像が興奮も伝わってきて、いっそう興味が掻き立てられました(「あの衝撃を忘れましたね、3DSの衝撃で。僕、離婚しましたっけ?」というオチも見事(笑))。今のところは15秒CMしかない嵐に比べると、よしもと勢の多彩な表現のほうが魅力的だし、嵐と合わせて、よしもとの方もそのままCMに乗せてしまっても良いなあな気もします。


また、肝心の3DS本体と同時発売(ロンチ)されるタイトルも発表されました。

全8タイトル。
任天堂が『nintendogs+cats』しか発売しないのが意外…と言うか、控えめですね。今後の発売予定を見ると同時発売こそこれだけですが、『ゼルダの伝説 時のオカリナ3D』をはじめ2011年春発売を謳っているタイトルも多いだけに、ロンチからそれほど間もなく第2陣・第3陣を放つ用意はあるって感じでしょうか。だからこそ、ロンチの時点ではある程度、サードに譲ったと言うか。
そうなってくると売れてきそうなのは、『レイトン教授と奇跡の仮面』でしょうか。元はDSで発売予定だった所を3DSに乗り換えてきた、レイトンシリーズ第5弾です。すでにシナリオや問題などの部分は出来上がっていたとは言え、すぐさまロンチで発売できる仕事の速さは、さすがですレベルファイブ。個人的に注目していた『スーパーストリートファイターIV 3D EDITION』は、言っても携帯機だろうと思っていましたが、今日のプレゼン映像を見ていると、なかなかどうして抜かりない仕上がりになっているみたいです。いやあ、インターネット対戦も完備されているとは驚きました。
一方でパッケージタイトルも良いけど、バーチャルコンソールや3DSiウェアのほうも何かしら発表して欲しかったなあ、という思いも。


体験会は明日が最終日。なにかサプライズ的な発表が行われたりしないかなあ。