読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個人的不定期雑感はてな

本サイトとは別に、任天堂ゲームやテレビ番組について徒然と。

ニンテンドースイッチの全貌

ついにニンテンドースイッチの詳細が明かされました。

Nintendo Switch 3月3日発売決定! 本体やコントローラーの詳細も発表。 | トピックス | Nintendo


Nintendo Switch プレゼンテーション 2017


プレゼンテーションは君島社長から始まり、主要開発陣が“スイッチ”しながら展開。
宮本茂さんも最後に映像でチラッと出てくる程度で、若手から中堅のスタッフで構成されていました。
岩田前社長が亡くなられて初めての新ハード立ち上げ。
この布陣で盛り上げていくんだという気概を感じて、いい世代交代になってほしい。

ってことで、なかにはまだプレゼン慣れしてない方もいたなかで…
スプラトゥーン2』の発表に登壇された野上さんだけで絶好調、場慣れしすぎです…笑。


コントローラ

昨年10月の初報で発表された、液晶から着脱できる「ジョイコン」。
その小さなコントローラのなかに、ジャイロセンサーNFC、そして新要素としてIRカメラやHD振動なる機能まで盛り込まれていると発表されました。
なかでも微細な振動を演出できるHD振動が気になりますね。

ただなあ。かねてから周辺機器の高額化には訝しく思っていたので、新機能が発表されると半分くらい「また高くなるのかよ」と感じていたのも本音です(^-^;;
ジョイコンの機能に合わせるように、別売のプロコン(従来型コントローラ)も高くなりましたし。
(ジョイコン7,480円、プロコン6,980円)

まあ自分は、大勢でプレイすることもないので本体付属分から買い足すこともないだろうし、プロコンもWii Uの時みたいな値下がりを気長に待つので、あんまり文句も言えないかな…笑。

そうそう、液晶のほうには静電容量方式タッチパネルになっていました。
やっぱりタッチパネルなしだなんていう大胆な予想は外れましたね。ただ、テレビ画面でプレイする場合は液晶を完全にふざくことになるので、ゲームでの活用機会は少なくなるんじゃないでしょうかね。

ゲームタイトル

やっぱり大本命はスプラトゥーン2』でしょう!
前作の時点で、もう過不足なく満足しちゃったのでどう進化させるんだろう…と思っていたら。
二丁拳銃、その名も「スプラマニューバー」!あっさり魅力されちゃいました…笑。スペシャルウエポンも一新されてます。
マップがボタン切り替えになったのが気掛かりだけど、夏の発売が待ち遠しい。

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は本体と同時発売決定!
Wii Uでの開発の遅れが転じて、新ハードに移行して同時発売っていう「トワプリ」パターン。
これまでは「持ち運べるスイッチ版、ゲームパッドで体感プレイのWii U版」みたいな住み分けかなあ、と思っていたのですが、スイッチのジョイコンにもジャイロ等々が搭載されることが分かって、完全に上位互換版になっちゃいました。
新たに公開された映像にもグッと捉まれ、がぜん楽しみです。

スーパーマリオオデッセイ』
久しぶりの3D箱庭マリオ。マリオらしからぬ街の景色から映像が幕開けし、冒険していく姿は新鮮そのもの。
「ギャラクシー」では宇宙まで行っちゃったマリオでしたが、また別の形で壮大さを表現してくれるタイトルになりそう。
こちらは今年の年末商戦頃の登場みたいです。

今回発表された完全新規タイトルでは、『ARMS』が気になりました。
ジョイコンをそれぞれの手に持ち、バネのように伸びる腕で殴り合うボクシングのような格闘ゲーム
この“腕が伸びる”というところに、スプラトゥーンで見た“塗る潜る登る”に似た発明・アイデアが潜んでいる予感がしました。なぜロケットパンチではなく、しかもバネ状に伸びるようにしたのか。
この仕掛けにもう一段階、面白さがあるような気がして、続報が知りたい。


…ってことで幾つか挙げてみましたが、欠点としては任天堂タイトルばかりなんですよね。
サードタイトルも出てきたのですが、自分の食指が伸びるタイプは少なく、またそのうち任天堂タイトルを遊ぶためだけのハードになっちゃいそうだなあ、というのが正直な予感です。

カプコンには、普通に『ストV』ないしは『ストIV(ウルIV)』あたりマルチしたら良かったのに、まさかの『ストII』っていうね…。これがダウンロードタイトルだったら、まだ良かったんだろうけど、パッケージで4,990円ってのはさすがに閉口です。